入札前に既に盛り上がけている所もあると思われているが

今日からプロ野球もシーズンオフとなりましたがアメリカ大リーグを目指している大谷選手が先日からアメリカに入っていまして各チームにアピールをしていましたがこれは間もなく入札が始まるポスティングシステムの前にアピールしに行ったと思われていますがはやり関心が大きく獲得をしたいと言うチームが増えているらしい。

投手と打者の二刀流でアメリカ大リーグではない選手という事で注目度もあると言うが日本のプロ野球5年の実績でこれはいいのかと思われている所もあるという事になる。

このアメリカ大リーグ入りを目指している投手もいますがこれは日本でFAフリーエージェントを宣言して獲得の意思があるチームを目指している選手もいると言うがこのポスティングシステムは入札額が高いチームに交渉権を与えるのでどこが高額入札となったのかわからないと言う事になる。

しかし、このポスティングシステムは若手には減額する可能性もあったと言うのが年齢制限を設けようとしていた事で安い契約になる事があったがこれは今年ではなく来年度以降から適用となるので今回がチャンスだと思っている。

アジアから大リーグに挑戦をしている選手も多くこの様な舞台に立てるのがごくわずかという事になるがほとんどがマイナーから上がっているのでハングリー精神だと思っているが中には夢を破れて祖国に帰る選手もいると言う。

こうしたポスティングシステムはスター選手になった時の特典だと思ってもいいかも知れないが現実的には難しいと思ってといるかもし知れないのでチャンスだと思っているかもし知れないのです。