誰かのために料理をしたり、美味しいと言ってもらえる喜び

毎シーズン、新作のテレビドラマはあれこれと話題になったりします。

豪華なキャストや制作チームで作られたり、話題の原作がドラマ化したり、地味ながらドラマ本来の面白さが話題になります。

そんな中で、テレビ東京では、よしながふみさんが原作を書いた「きのう何食べた?」がドラマ化されました。

原作の設定も珍しいのですが、主人公たちの成長や変化を、毎日の夕食のメニューなんかを通じて描くという、ちょっと変わった作品なんですよね。

漫画の方はすでに人気になっており、長期にわたる連載作品となっています。

で、ドラマの方はどうかと言うと、なんだか料理を作る楽しさを思い出させるような内容で、個人的にはかなり好印象でした。

そういえば、学生のときに自炊していたときは、食費と冷蔵庫に残っているものと、スーパーの野菜の値段を見て、その日の献立を練ったものです。

安くて美味しい料理を作ること、それから、誰かに美味しいと言ってもらえる嬉しさを、久しぶりに思い出しました。https://www.foosquare.com/datsumolabo-kao/