「20代でやっておきたいこと」をまとめてみた

今日は「20代でやっておきたいこと」(著:本田健)の内容をまとめてみました。自分のこれからの参考になれば。
特に感銘したポイントをまとめています。

(1)若いうちは大いに恥をかけ!
「分からないことは知ったかぶりせずに、何でも謙虚に教えてもらうこと。」
また、「若く記憶力のあるうちにあらゆる経験を積んでおくことが自分の器を大きくする。」というのも納得。

(2)自分探しとは何か
「誰かの言葉に感激したくらいで、その道を探ろうとするのではなく、予見(偏見)を持たないで何にでも取り組んでみること。」若いうちは影響されやすいけれど、流されてはいけないという教訓。

(3)好きなことをとことん追求
「何を極めればいいのだろうか、などと考えるからいけない。今の仕事に直結しなくても構わないから、とにかく好きなこと、やりたいことに対して一途に取り組む。」とかく損得を考えてスキルを選びがちだが、その考えを捨てよう。
(4)損になる仕事はない
「本人がその気になれば、損になる仕事など一つもない。こっちの方が得だなどと計算ばかりせず、今与えられた仕事を持てる限りの視野を持って取り組むこと。」(1)と通じるところもある。何でも謙虚に取り組もう。アリシアクリニック効果

私の愛する名手野球とJリーグ。ファイターズ、コンサドーレ、マリノスと共に

僕が今熱中していらっしゃる実例それは好きな上級野球球団、Jリーグのプールを応援する実例。まずは上級野球からですが、おじいさんや奥さんが野球が好きでちっちゃな頃から夜はテレビジョンで野球を見ている事が数多く生まれが北海道な結果セ・リーグのジャイアンツ戦を放送して要ることが多かった。後2006時世北海道国内ハムファイターズという球団にぶつかり、当時新庄スポーツマンや小笠原スポーツマン、ダルビッシュスポーツマンなどポイント流れるスポーツマン陣が手広く「こういう球団明るい」と憧れまたリーグ優勝、日本一を果たし来年から本格的に応援し始めました。今では通年数値合戦ドームに見学に行くなどしています。予め贔屓だった金子誠様は2014時世に休息されてしまいましたが現在は一軍コーチとして奮戦されています。現在の組は若手中心の組に生まれ変わり大谷スポーツマン、中田スポーツマン、西川スポーツマンなどポイント染み渡るスポーツマンが活躍してあり目が離せません。Jリーグでは地元の北海道コンサドーレ札幌(J2)、横浜F・マリノス(J2)を応援しています。コンサドーレは北海道民を示す「道産子」というツイートを逆さ読みしラテンの「オーレ」を擦り込みた何とも楽しい言い方になっています。J1に上がったも1時世でJ2ni落ちて仕舞う「エレベータープール」とも言われたりすることも。しかしそういうプールも今日リーグの首位を駆け抜け今年こそはJ1昇格か?と後押しチームと話すのが醍醐味の1つでもあります。またマリノスは2011時世リーダー戦で栗原勇蔵スポーツマンをわかりそこから彼の加盟やるマリノスにたどり着き現在も応援しておるプールの1つです。中村俊輔スポーツマン、中澤佑二スポーツマンの大エキスパートをはじめとする個性豊かなスポーツマンが揃ったプールだ。連中の基盤です日産現場はマキシマム7万人収容の広大現場。必ず超完売の現場で合戦見学してみたいですね。日曜日になると勝ち負けが気になり勝つと喜び、負けると悔しがるそれもエンターテイメントのひとつです。「待っているのは最高の日曜日です!」キレイモ 全身脱毛